×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中古ノートパソコンの体験談・レビュー・感想など。中古パソコンの熱い鼓動をあなたに。

中古ノートパソコン活用レポート☆

トップページ / こんなパソコン使っています:CPUは、Celeron700MHz

CPUは、Celeron700MHz

CPUは、パソコンの頭脳。
パソコンのスピードを決める1つの目安なんです。

でも、パソコンってチームプレイだから、一つだけ早くても遅くても困っちゃう。
メモリーやハードディスクやマザーボードの性能もバランスよくなくっちゃいけない。

だから、CPUだけがパソコンのスピードを決めるわけじゃないんですよ。


で、うちの中古ノートパソコン「DynabookSatellite1800」のCPUって知っています?
(知るわけないじゃん(苦笑))

「Celeron 700MHz」なんです。
(MHz:メガヘルツ)

CPUのグレードはPentiumとCeleronとわかれています。
(インテルの場合)

Pentiumは、性能重視。
Celeronは、価格重視。

というわけで、うちのCeleronの場合は大衆向けなんです。
(そうとは限らんと思いますが…)

まぁ、その分遅いとは思うけど…。
同クロックのPentiumノートパソコンを持っていないので違いがわかりません。
残念ながら。


で、CPUの性能に関して。
素直なところ、そんなに不便していません。
強がりに見えるのかもしれませんが、そんなことありませんってば!!
(余計あやしいって(笑))

唯一困ることといえばね、動画の処理が若干遅いくらいかな。



ハードディスク10GBって、意外に

インテル入ってる??
↑CPUは、かなり分解しないと出てこないのでこちらでガマンして…。「インテル入ってる??」


(2007/03/19)